美術、音楽、文化、建築 / 大人の特別な旅行

大人の趣味の赴くままに。日経旅行

資料請求・お問い合わせ
  • 国内旅行 03-5259-2660
  • 海外旅行 03-5259-2666
  • 受付時間 10:00〜17:30(月〜金)

セミナー情報

学ぶよろこび、知るたのしみ

旅行説明会&「カルチャーサロン」

敦煌・莫高窟の魅力

シルクロードの要衝である、敦煌・莫高窟(世界遺産)は4世紀から約1000年にわたり石窟が造営されてきた仏教遺跡の宝庫です。この莫高窟の魅力を敦煌芸術についての研究を行っている大西磨希子氏を講師に迎え、莫高窟の仏像や壁画についての成り立ちや見方、楽しみ方についてご解説頂きます。

  3月3日(金)10:30~12:00

お申し込み・お問い合せはこちら

メソアメリカ、古代都市の起源 アステカ文明の源流を探る

古代国家の起源とされている「テオティワカン」、発掘研究が進む「トラランカレカ」。2つの都市の関係を毎年現地に赴き発掘調査を続けている福原先生が、最新調査状況を織り込みながら古代アステカ文明の祖型となった諸文化を紐解きます。

  4月14日(金)15:00~16:30

お申し込み・お問い合せはこちら

「個性あふれるスイスの美術館案内」

「フランス印象派の重要な作品の多くはパリを除けばスイスの美術館に集約される」と称される世界有数のアートコレクションを揃えているスイス。 日本でも一昨年より各地でチューリヒ美術館展が開催され話題となりました。 中世から現代美術まで巨匠たちの名作を収めるスイス各地の美術館の魅力を日本パウル・クレー協会の新藤 信氏にご解説頂きます。

  2017年2月10日(金) 15:00~16:30(約90分)

お申し込み・お問い合せはこちら

祝・ユネスコ無形文化遺産登録「山・鉾・屋台行事」歴史と芸術が融合した民俗文化財の保護・継承

平成28年12月1日、日本全国33の祭が「山・鉾・屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産に登録されました。登録が決まったのは、「京都祇園祭の山鉾行事」をはじめ「秩父祭の屋台行事と神楽」など東北から九州まで18府県の33行事。
今回、全国山・鉾・屋台保存連合会 参与としてユネスコ無形文化遺産登録に関わり、元・文化庁文化財部主任文化財調査官として長年文化財の保護に携わって来られた菊池健策氏に、「山・鉾・屋台行事」の起源、歴史と芸術が融合した民俗文化財を保存・修復し次代へ継承していく取り組みについて、解説していただきます。
また、全国の祭の見どころやユネスコ無形文化遺産登録への歩みについてもお話いただきます。

講師紹介 菊池 健策 氏(きくちけんさく)
全国山・鉾・屋台保存連合会 参与、都留文科大学非常勤講師 など。
市立市川歴史博物館学芸員、福島県立博物館学芸員を経て、文化庁文化財部にて国指定の有形・無形の民俗文化財の保護に携わる。
定年退官後は現職をはじめ、文化財の保存・修復の観点から全国の祭の保存・発展に尽力している。

  2017年3月22日(水) 14時45分開場・15時開始 講義 15:00~(約90分)

満席

ページトップへ

文化、建築、大人 の趣味の赴くままに / 大人の特別な旅行 | 日経カルチャー

Ⓒ Nikkei Culture Inc.